テーマ:unlimited

BL小説 「余寒の香り」シリーズ6/春咲紅梅

「俺の寝室、まだ入ったことなかったでしょ?」 「は、はい」 「興味なかった?」 *初夜のこのくだりすんげぇゾクゾクした。郁生さんんんん!!! 「初夏の香り」シリーズ第六弾。 付き合い始めのちょっとぎこちない二人も楽しんで頂ければ幸いです(紅梅) 余寒の香り: 初夏の香りシリーズ62018-08…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地雷カレシ」/縞ほっけ

「ミケさんがオレの恋人になってくれたらしてあげる」 *viva!童貞の病んホモ攻! 執着わんこ×ツンデレビッチのラブ攻防戦♥ 「ノンケ童貞としか寝ない」がポリシーの童貞厨、ミケ。 彼の今夜のごちそう♡は… ウブでかわいいチェリーボーイ精力絶倫ストーカー!!? 地雷カレシ【新装版】【ペーパー付】 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「彼と付き合う10のメリット」/こめり

“これが恋というものか 面倒だし疲れるしちょっと辛いし そして何よりも離れがたい” *歳とっても恋ができる人はほんと尊敬する 隠れイケメンな地味リーマン×イマドキリア充ゲイ(ちょっぴりビッチ☆) 前代未聞の告白から始まる、恋の10カウント 彼と付き合う10のメリット【ペーパー付】【電子限定ペーパー付】 (arca com…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL小説 「帝は獣王に降嫁する」「神子は奴隷王に繁がれる」/沙野風結子

「つい興奮して、男としての務めを忘れた」 *男としての務めやばエロ💕 いつか書いてみたいと思っていたファンタジー降嫁モノに手を出してみました。要するに、和姦凌辱ジャンルですね(風結子) 帝は獣王に降嫁する (ラヴァーズ文庫)竹書房 2017-03-03 沙野風結子 Amazonアソシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ひねくれさくらに恋が咲く」/野花さおり

「ね もしかして準備してた?」 「だ…っ だって… 雪平とちゃんとしたかった…から でも…雪平の指のほうが全然きもちいい…」 *うおおおおおおい!!初おセッセで自分で準備してただけでも発射するのにそんなことまで言わせちゃうのかよっ作者さんよおおおお(死んだ) 隠れドSハイスペ×ひねくれツンデレのドタバタ☆キュートラブ・コメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「その火はきえない」/柚月りんご

“できるようになったんだ 料理も平気なフリも” *ノンケの親友に片想いしてるホモはほんとに切ない(T-T) 君の心にほんとうの恋の火をつける お金から始まった関係が、恋と未来に柔らかく火を灯す。 苦くて甘い、大人のセンシティブ・ラブ。 自分なりの『BL』を探しつつの単行本、少しでも楽しんでいただ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「恋せよ千年ニート」/瑞原ザクロ

「人間の命はあまりにも儚く短い 浦島さんが浮世に戻ったところでその先数十年しかないんですよ?」 「そりゃしかたねぇ 彼らにしちゃ数十年でも充分長いのさ それ以上は空虚で退屈らしい」 *確かに万年も生きるとか想像つかないな…深いな… 笑って泣けて、おまけにエロい♥新感覚おとぎ話BL!! {%キスマークwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 複数プレイモノ読み漁り

「他人の手で感じてるお前を見ると、嫉妬で興奮する」 ふたりの上司に手籠めにされています (ラヴァーズ文庫)竹書房 2018-02-07 西野花 Amazonアソシエイト あらすじ: サラリーマンの川嶋羽琉(かわしまはる)は、電車に乗ると忘れられない過去を思い出す。大学生の頃、毎日のように遭遇する痴漢に悩みながらも、カラダは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いややいややもすきのうち?」/キシモト

“同性という壁は すんなり受け入れるには厚いのだ” *深いな… 寡黙ムッツリ後輩×人懐っこい流されノンケ 期待の実力派新人が贈る、甘酸っぱすぎる焦れきゅんラブ このたびはコミックスを手に取ってくださいましてありがとうございました!(キシモト) いややいややもすきのうち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL小説 「ラブホテルドキュメンタリィ」/鏡コノエ

“岡田さんの息子。岡田Sonが、おじさんに隠れてGPSを起動させていた気持ちが今となっては良くわかる。 このおじさん。謙虚なんだか頑固なんだか、こうと決めたら譲らないくせに、変なところでガードが緩い。 こっちが必死に頼めば、そのうち応じてくれんじゃないかと期待してしまうような雰囲気があるから、ついつい深みにハマってしまうのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL小説「秘めやかに熟れる白衣」/睦月りな

弱点だと悟った男は右胸に移動し、もう片方の粒も指先で同時に嬲りはじめた。 *乳首が弱点な受さんだったのよ!!乳首舐めてってせびるくらい乳首が弱い受だったのよ!!乳首イキ期待するよねー。゚+(。ノдヽ。)゚+。 甘美な駆け引きに乱れるドクターたち! 乙女ゲームのように、さまざまなタイプの美男を描いてくださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「初冬の香り」シリーズ5/春咲紅梅

“僕はいつからこんなに淫乱になってしまったのだろう。” *郁夫さんが絶倫ですからねぇ~💕 「初夏の香り」シリーズ第五弾。 本編「初冬の香り」「新春の香り」と特典書きおろしショートストーリ3編が収録されています。 やっぱり乗馬といえば騎乗位ですよね!(紅梅) 初冬の香り: 初夏の香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「JO」/未散ソノオ

「男はみんな初めて好きだよ 心に残りたいからね」 「俺はあんたの初めて全然もらってないけど」 「……!! ちょっ ここでそういうこと言うのなしだよキキちゃん 新幹線の中だよ?」 「は?」「興奮した ひどい」「落ち着け」 「はーひどい。おべんとうにするしかない。せいよくを食慾で紛らわす作戦」 *wwwwwwwwww 新書…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BL小説 「晩秋の香り」シリーズ4/春咲紅梅

「あっ、あぁんっ、あっ、アイスっ!アイス、買ったからっ」 「そんなのあとでいい!」 低く唸るように叫ぶと、郁生さんは僕のズボンと下着を一気に剥ぎ取った。 *ここの嫉妬に狂う郁生さんの玄関エチめっちゃ好きだった! 「初夏の香り」シリーズ第四弾。 智己の弱さや葛藤が多く出ている作品ですので、智己に共感し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「秋冷の香り」シリーズ3/春咲紅梅

“ジュッ、ジュッと卑猥な音が部屋に響いている間も、郁生さんは僕の片足を胸までつくように押し上げ、もう片方の手はコーヒーメーカーの置いてあるほうに僕の顔を向かせ、僕の口内に指を差し入れてきた。” *まさかのコーヒーメーカーお仕置きエチww最高ww笑ったわww 「初夏の香り」シリーズ第三弾。 いつか郁生が智…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説「盛夏の香り」シリーズ2/春咲紅梅

“俺と住んでる場所だと気兼ねもあるから、智己はここに住んでいるかぎり、俺のことを意識するだろう。 アパートに戻ったら、智己は誰か友達を連れてくることも、夜に出歩くことも自由にできてしまう。(中略) 自分のテリトリーに閉じ込めておきたいという醜い独占欲が腹の奥から沸き上がってくるのが分かった” *紳士攻がだんだん執着心の強い病ん攻に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BL小説 「初夏の香り」/春咲紅梅

“すべてを失うのはあまりにも辛い。 こんなにいま幸福だと、その恐怖もひとしおだ。 郁生さんが今後僕を嫌いになっても、郁生さんの負担にならずに離れられるようにしなければ。” *健気受はやはりいいですな。応援したくなるキュン ボーイズラブ、BL 社会人x学生、ほのぼの、あまあま、受け溺愛、執着攻め、Rシーンがあります。 {%キス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「買われた男」/野原 滋

“昨日から、人の手によって無理やり絶頂に連れていかれることを繰り返している。 誰とも抱き合ったこともないのに、身体だけが人の手による快感を覚えていく” *チェリーが仕込まれていくのほんとたまりませんなあ♥ 淫靡でエロいのを……と、気負って筆を進めていたのですが、終わってみたらコメディチックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「犬、拾うオレ、噛まれる」/野原 滋

「俺は帰って来ないお前を待って、何年もしつこく捜すだろ それで何年かかっても絶対に見つけるんだ。俺はそういうの得意だから」 「ああ、まあな、ストーキングはお前の得意とするところだからな」 *シリアスなシーンなのに笑ってしまったwwちょいちょい笑わすんだよこれww このお話は、デビュー前に書いた投稿作で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「白鶴組に、花嫁志願の恩返し」/高月紅葉

「え、もっと奥?出ちゃうんだけど」 「それでいいんだよ、もっと、奥。ちゃんと押し込んで」 「いや、キツキツだし……無理じゃね?」 「あぁ、もう。そんな入れ方……ダメ、切れちゃう、って……」 *ちくわきゅうり…もう作れない…(笑) 今回のジャンルは『アットホーム・アウトロー』というところでしょうか(紅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「嘘とピグメント」/あいだ

「薪にしたらいい暖が取れそうだ」 有住の声はあくまで穏やかだった。あの美術室にいた頃と、同じように。 *復讐BLキター!!!!と大喜びした瞬間でした(笑) 恵まれた境遇の2歳年上の先輩×何も持っていない相貌失認の後輩 嘘だらけで破綻した、一方通行の切ないラブストーリー。 嘘とピグメント2018-03-04 あいだ Amaz…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説「すべての世界が終わるまで」/あいだ

「もう俺、かずくんを殺したくない」 *夢の中とはいえ好きな人を何度も殺さなくちゃならないのは辛すぎる… ヤンデレ幼馴染×ヒーローになれなかった男の子、世界を終わらせるための物語。 すべての世界が終わるまで2017-06-18 あいだ Amazonアソシエイト by 「もう俺、かずくんを殺したくないよ」 あらすじ: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BL小説 「春より早く[増補版]」/あいだ

「お前のこと、バカにしたの。 ……きれいなやつだなって思ってて、でもどうせ俺みたいなのに手に入るわけないから、悪口言ったんだ」 *ここらへんの件が青春しててキュンキュンしました。石和の攻キャラすごく好き 苦労人の転校生×傲慢で無邪気なモテ男の青春ストーリー。 本編にその後のデート話や、石和・かすみ視点の短編を加えた増補版です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL小説 「方舟はもう来ない」/あいだ

俺はどこにいたって、どんな姿をしていたって彼がわかる。 「久しぶり、『お兄ちゃん』」 ぞくぞくする感情が背筋を走り抜ける。 ーーほら。やっぱり、わかった。 *この瞬間私の背筋もぞくぞくしました。ヤバイ 何も知らず閉じ込められた男の子×孤独な加害者の息子、サスペンス風シリアス復讐BL。 方舟はもう来ない2017-10-01…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「LOVERS法」/楢崎ねねこ

「久津川、コレ試してみてくれねぇ?」 *開発部が同僚に薬試させるプレイ好きです!!!! 5ホモからなる短編集 LOVERS法 (GUSH mania COMICS)海王社 2007/8/10 楢崎 ねねこ Amazonアソシエイト by ゼゼア薬品に勤める久津川(くつかわ)は、想いをよせている開発部の同僚・伏見(ふしみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ダメな大人ですが」/楢崎ねねこ

「これだけ濡れてたら中ぐちゃぐちゃで 脱がせるとき糸引くかも 豊川さん見ます?」 「い、嫌だ…!!やめ…ッ」 *SMは肉体より言葉責め派 チャラ男と無口、ふたりのリーマンの攻×攻アフター5LOVE! ダメな大人ですが (GUSH COMICS)海王社 2012/9/10楢崎 ねねこ Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「好きでしかたない」/楢崎ねねこ

「オレが好きなんだろ 抱いてやるよ」 *こんな俺様攻の鉄板セリフは冒頭にもってくるからー!!! 大学の寮を舞台に3組のカプからなるオムニバス ねねこのセンシティブ・ラブ。 好きでしかたない (GUSH COMICS)海王社 2013-10-01 楢崎 ねねこ Amazonアソシエイト by 「好きなら抱いてやるよ」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「好きだけど理不尽」/西原ケイタ

「挿れるのもう少し増やしても大丈夫かな…」 “なっ…何を!?何処に!? ――いや、分かるけど 分かるけどありえないっ!!” *アナルは存分に慣らしてくれる描写を描かれると嬉しくなる派 この作品は携帯(PCもかな?)配信用にコツコツ毎回出されるお題にそって描いたものです(ケイタ) 好きだけど理不…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ポケットで手をつないで」/日の出ハイム

「何かを伝えようとしてる人たちはみんな 『勇気を出した人たち』なんだよ」 *突然の告白シチュってなんかいいよね 体当たり系青春男子×純粋な天然男子、ふたりの一途な恋。 ポケットで手をつないで (GUSH COMICS)海王社 2014-09-10 日の出 ハイム Amazonアソシエイト by いつもと同じ朝、いつも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BL小説「やがて、誓約のキス。」/鬼塚ツヤコ

「覚えてろ――俺から逃げるなら、殺す」 柴賀はまばたきもせず、その虹彩は色が薄いのに深く澄んで、氷のように冴え渡り、眦が切れるようだ。 物騒な物言いは死刑宣告のようなのに、木崎の耳には甘やかに響き、鼓膜の震えに陶然となる。 *ほんと狂犬病んホモ攻の受に対する執着心はたまりませんよ!!!!!!!! ボクサーシリーズ3 本文イラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more