「ままならないもんで」上下巻/麻生海

「悲しんだりしなくてもいい…
今日くらい穂貴が俺の事考えて過ごしてくれたら嬉しい」

*でも将人行かせるのおおおおお!!!!なんでー!!!!
5人の幼なじみが成長したら三角関係が勃発
ストーリーテラー麻生海が贈る
友情。その先にある「恋心」は、

ままならないもんで 上 (花音コミックス)
芳文社
2017-10-28
麻生 海

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ままならないもんで 上 (花音コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


あらすじ:
介護職員の穂貴が住むアパートには、幼なじみ5人のうち妻帯者の将人を除く4人が暮らしそれぞれの進路を選んだ今でもよく集まる。
ある日穂貴は、エッチな本で勃ってしまったチカに迫られ「好きな奴ができるまで限定でつき合おう」と提案される。
きっとすぐ飽きるだろうとOKしてしまう穂貴。
そんな二人の進展を知った将人は辛い気持ちを整理できなくなり…
ひとつ屋根の下❤大人ラブ。描き下ろし入り




あれ?
あれあれあれあれ?
麻生さんが復活しておる!!!!!!!!

いつの間に!!!!嬉しい!!!!
もうBL描いてくれないと思ってました(T-T)

そして久しぶりの麻生ホモは
なんという麻生ワールド
めちゃめちゃ読みいってしまいましたよ!!!!

さすが麻生さん!!!!

とにかく先が気になって気になって
無我夢中で読んでしまいました。
この三角関係凄いな。

最初、チカの方から強引に穂貴に迫るわけですが
明らかに将人も穂貴の事を好きなのが丸わかり。
でも将人には妻も子供も居る。
おいおいおいおいおいおい
こっからもう麻生ワールドですよ。

どうなるのこれ?って感じですよ。

上巻まではとにかくチカ✕穂貴
将人が好きな私には
将人の動きが気になってしょうがないわけです。

将人、絶対穂貴に告るよね?
どのタイミンクで?
玉砕覚悟の玉砕?
とにかく離婚はするはず…
離婚したのに玉砕とか将人悲しすぎ(T-T)
と、勝手に将人を
可哀想キャラにしながら読んでました(笑)

将人はフラれると思ってた(笑)

なのにー!!
下巻!!!
まさかのチカの行動が私の予想外!
マジで?
自分から身を引くの?
うそー!!
だってだって穂貴好きでしょ?!?!
穂貴だって案外好きなのよチカのこと!!!
と、将人好きだったのに
下巻ではチカを応援してましたよ私(笑)

最終的に将人の粘り勝ちだったわけですが
将人のポジションは
とてもおいしいポジションだったなと
ちょっと思ってしまいました。
将人め…
チカよりチンコでかいしな…←

チカがいかなかったら
将人は絶対穂貴に告白しなかっただろうなあ…と
チカに感謝しろよ将人!

そして愛され穂貴。
眼鏡のクール受ですよ。

キスされる度に
チカからも将人からも眼鏡を外されて
とてもいらしかったです(///□///)けしからん

キスもチカより将人の方で勃起してたし
最終的には将人のデカチンで
めちゃめちゃ穂貴はイカされてたし
なんだよ将人!!
イイとこしかないじゃないか!!
少しはチカにも花を持たせてくれよ!!
せめてチンコはチカの方がでかいとかね
麻生さんも酷すぎる…

まあでも結局のところ
やっぱり私は将人のキャラが好きなので
幸せになってよかったです♥

もっとエロエロしてる将人✕穂貴も読みたかったな~
(エロはチカ✕穂貴の方が多かった)



●内容:5星(夢中で読んでしまいました)
●エロ:3チンコ(将人とのエロもっと欲しかった)
●萌え:4キュン(チカが切なかったな…)
●てっきり上巻は穂貴、チカ、将人の三角関係で下巻はケーキ屋と本屋のホモ話だと思ってました(笑)ホモ大杉
●麻生さんは復活したと思っていいんですよね!?
●修正:竿はあんま描かれてないんだけど下巻の将人✕穂貴で穂貴の玉袋がガッツリ描かれてあって玉袋好きのアタイは食い入るように見てしまいました!麻生さんありがとう(T-T)



*麻生海作品感想ログ*
【花音】
「家賃半分の居場所です。」
「それなりに真剣なんです」上下巻
「気が合うということは」
【BBC】
「そこに座るな」
「草食上司のオトしかた」
【Dear+】
「隣人はドアを叩く」
【BLCD】
「家賃半分の居場所です。」



先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ままならないもんで 下 (花音コミックス)
芳文社
2017-10-28
麻生 海

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ままならないもんで 下 (花音コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「ままならないもんで」上下巻/麻生海" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント