「ハレとモノノケ」上下/灼

「ケガレは"気枯れ"だ
"ケ"は日常
寝て起きて食事をして働き
また寝る
普段の生活のこと
日常(ケ)を送る気力が枯れることを
"気枯れ”という」

*色々と勉強になりました
山と少年と胡散臭いモノノケと
ちょっと隣で生きてみよ?
どこかの山のフィクションです(灼)

ハレとモノノケ 上【特典ペーパー付】 (gateauコミックス) - 灼
ハレとモノノケ 上【特典ペーパー付】 (gateauコミックス) - 灼(kindle版)
★★★★★126個の評価
「ケガレている」
【あらすじ】
不老不死のモノノケだという男・トキに突然そう告げられた高校生・八潮。八潮についたケガレを落とすという名目で、ふたりの奇妙な同居生活が始まった。揶揄うような言動ばかりのトキだが、時折見せる孤独に触れ、共に過ごすうち心惹かれていく八潮…しかし、トキに想い人がいることを知り――。

(2020年8月12日発売)





シーモアさんのペンギンクーポン
二日目、三日目は共に20パーOFFだったので
やっと、やーっと購入しました!

発売当時から好評だったので
早く読みたかったんですけど
なんせ上下巻
2冊って
後回しにしちゃうよね💦ス、スマン・・・

いやいやいやいや
BL云々の前に
すごくスピリチュアルな内容で
心が清められる作品でした。

自然と神と共に生きる・・・

前に五十嵐大介先生の「リトルフォレスト」
これの韓国版の映画を見て
久しぶりに読みたくなったので
ずっと寝る前に読んでたんですが
その丁寧な暮らしに
プラスされた
神事的な日常
なんかもう
ますます山奥に引きこもりたくなりましたよ。

灼さんといえば
「あおに鳴く」の最後がモヤっとしてて
こちらも不安になったんですが
こちらはなんていい終わり方
ホッコリきゅんでございました。

不老不死のモノノケ・トキが
八日見家にやってきて
そこの孫の八潮と一緒に生活するお話。
設定としては
「あおに鳴く」にちょっと似てますね。
死んだ祖父さんの家で
一人で暮らしてる高校生の家に
不思議な人が一緒に住む。

「あおに鳴く」の高校生は
わりと大人な感じでしたけど
こちらは中学生かな?ってくらい
ピュアな感じで
とても可愛かったです。

そんなピュアな八潮に
日常と非日常
”ケ”と”ハレ”を教えていく
ちょっと胡散臭いトキ。

ここら辺が読んでて
気枯れまくってる私には
とてもとても勉強になりました。

「朝起きて
顔を洗い
身支度を整え
薪をくべ火を起こし
飯を炊く」


このなんでもない生活習慣が
すごく意味を持ってるんですね。
電子レンジで楽ばっかりしてるワタシは
気枯れてる・・・

「それが
"あなたお疲れでしょう”」


なるほど納得。

上巻は
そういった丁寧な生活と
スピリチュアルな内容に
山の眷属のお犬様の牽制が加わったりと
中々の距離感を楽しめました。

ハレとモノノケ 下【特典ペーパー付】 (gateauコミックス) - 灼
ハレとモノノケ 下【特典ペーパー付】 (gateauコミックス) - 灼(kindle版)
★★★★★120個の評価
長寿のご利益ものってこの世にどんだけあるんだ!
「恋心ってややこしいんだ」
【あらすじ】
キスもして、それ以上のことも――だが、トキの気持ちがどこにあるのかわからずに不安になる八潮。そんな八潮に、トキは「自覚してもらわねぇと」と、まずは自分の気持ちのありどころを聞く。ようやく自分がトキに向ける気持ちの出どころを自覚した八潮だったが…。




下巻で
トキの過去に触れるのかな?
とか思ってたんですが
そこはものの見事にスルーwww

それよりミツとの信頼関係が壊れそうになって
ミツ・・・なんで・・・
とか泣きそうになったんですが
八潮の想いにホロリ
もしミツがもっと人間の姿を保ててたら
ミツが八潮の孤独を
癒してあげたかったんだろうなぁ・・・
とか思いつつ
トキの過去の話も
少しは読みたかったな・・・(笑)

でもラストの
これからを話す二人が
とってもよくて

「トキがいるなら
800年ぐらい生きてみようかなって
馬鹿を考えるくらいには
好きみたいだよ」


くぉおおおおおお
人魚の肉を探そう!!!!!

塚、らんまとか人魚とか
るーみっくわーるどかよwww
Pちゃんのくだりで吹き出したわwww

トキの不老不死が
八潮との出会いによって
不老不死じゃなくなったかもしれないし
杞憂かもしれない
不老不死のままだったら
老いてく八潮を見てくのも
また見られるのもつらいだろうに・・・
とか思ったけど
最後の共白髪からの流れが
とても良すぎて
もうそん時はそん時だと
ともに生きていって下さいと
拍手を送りました。

いやー、よかった。
ラストほんと良かった。




●内容:(心理描写とかたまに???ってなることあったけどラストでもうそんなことはどうでもよくなった。あと生活を見直そうと思った)
●エロ:(下巻にあります。八潮の初めてがああああ////)
●萌え:(ミツと八潮がよかったな。みっちゃんバージョンもよかったな)
●上下巻の表紙が続いてていいなあと思った。春が八潮で冬がトキ・・・素敵
●春夏秋冬とそれに基づくハレの日が味わえました
●八潮の両親はどうかと思うけどああだからミツやトキが居てくれたんだもんな
●桑の実まみれのミツかわいかった
●ヤギのチーズとトドメジャム食べたい
●私も毎日をハレの日にしようかな。とりあえず今日はフロの日だからシャワーじゃなくて風呂に入るか(笑)
●修正:シーモアはうっすらボヤ~~っとチムコ。ガトーさんにしては白塗りじゃなくて薄くボヤ~~とした感じでよかった。自分でチクビ触らせたり、玉筋押さえたりエッチだったです♡ピュア子があんなこと言うなんて♡



*灼作品感想ログ*
【ガトー】
「相生結び」「相生結び・続」(unlimited簡単感想)
「くじらの御仕立てさん」
「あおに鳴く」「あおに鳴く・続」



先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村



リトル・フォレスト 1巻

リトル・フォレスト 1巻

リトル・フォレスト 1巻

[著]五十嵐大介

★★★★★4.6(29人)





【コミック】25時、赤坂で(3) 特装版 アニメイト限定セット【8P小冊子付き】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ちぃ姉
2021年02月26日 16:25
うわぁ~読んで下さってありがとうございます!!
うちもヲリさんと同じく、あまりにも自分のケガレに
愕然としましたが・・・(笑)
きちんと毎日生活するって大事な事なんや!って
思い返した作品でしたわ。


>すごくスピリチュアルな内容で
心が清められる作品でした。

上巻はそうですよね。下巻は割とエロいから
まぁアレですけど。
小さなコマまでとっても丁寧に描かれてて
めっさ拡大して読みましたわ。
字がちっさいねん(笑)
八潮がなんていっても、ピュアすぎて
可愛くて可愛くて、ゴロンゴロンするレベルwww
八潮のユーモア?変なツッコミ?もおもろくて
楽しかった~
お団子作るとこも好きで、不器用トキ可愛い(*^-^*)

>下巻で
トキの過去に触れるのかな?
とか思ってたんですが
そこはものの見事にスルーwww

そうそう。結局何百年も生きてて、昔神と呼ばれてて
ぐらいしかわかんなかったですよね。
ちょっと夏目の神様は信仰がなくなると
小さくなって消えていった神様の話思い出しました。
最後辺りに、かまくら作る少し前らへん
黒髪の子供が宿り木を見上げてる場面ありますよね?
あれがトキの子供の頃なんでしょうけど、あれが
どう話に繋がるのか私もちょっとわからんかった。

>それよりミツとの信頼関係が壊れそうになって
ミツ・・・なんで・・・
とか泣きそうになったんですが
八潮の想いにホロリ

ここ良かったよね!!!!!
八潮の唯一無二の存在だからってのにジーンときたわ。
あとめっさ、ミツに対抗心バリバリやのにきちんと八潮を
ミツに会わせてあげるとか、トキ優しいですよね。
うちは、トキが滅茶苦茶独占欲が強いのを我慢してるのに
萌えまくりでした。
八潮がみっちゃんに、頭撫でられた時
トキが八潮の目隠しして、気持ちを抑えるところとか
もうもうもうってぐらい、堪らんかったです。

>塚、らんまとか人魚とか
るーみっくわーるどかよwww
Pちゃんのくだりで吹き出したわwww

うちも、るみるみ出てくるよ~って
ヲリさんに言いたかったけど、これは知らずに読んだ方が
絶対イイわ~と言わなかったんですよぅ。
Pちゃんラブリーやからな^^


>最後の共白髪からの流れが
とても良すぎて


最後本当に素敵な終わり方でしたよね。
うちはここでサイコーやんか・・・って
何度も何度も読み返した次第です。
トキの共白髪の告白に「ハイ」って答えてからの
八潮☞チュウが良くてね。
もう死にそうや。

>桑の実まみれのミツかわいかった

可愛かったですね。鬼子母神!

私はねぇ。お祭りでのみっちゃんの
ベビーカステラの「あ~ん」が大好きでした。
その後、照れてるみっちゃんカワユス(^^)

下巻はもう大好きなシーンの宝庫で
全部記憶できるぐらい覚えてるんですが(笑)キモイな!

一番好きなのは、エッチした次の日の八潮がトキに
後ろから抱き着くところです。
はぁ。八潮が可愛くて尊い・・・
お葱切ってくださるからの、お揚げがいい、尊重しましょう
の件、死ぬほど眺めました。

>上下巻の表紙が続いてていいなあと思った。春が八潮で冬がトキ・・・素敵

ほんまやわ。うち全然気が付いてなかった。
そう思ってみると、春と冬で対になってていいですね。
何かの暗示なのかな~

八潮の両親はちょっとアレですよね。
高校生一人残していくか?
そのおかげでトキと会えたからまぁいいけどな。

八潮がトキにヨスガさんの代わりにしてもいいよ~
トキが代わりじゃねぇと言って怒るシーンも
良くて、本当に八潮を好きなんやな~と
思わせてくれるのが幸せやった。
相思相愛ってこういうのをゆうんやな~と。


あまりに推しな作品過ぎて、コメントが暑苦しくて
大変申し訳ない(^^;
もっともっと書きたかったけど、
ちょっとキモイ感じになるので
この辺りで(爆)ほんとすいません(;'∀')
読んで下さってありがとうです。
とっても嬉しかったです。


ヲリ
2021年02月26日 22:34
ちぃ姉さま>

読みますよ~
元々発売当時に買うつもりが上下巻だったから後回しにしただけで、2冊同時だとよほど他に買いたいもんがない限り一気に買えない貧乏人……歳を取ればとるほど稼ぎが減っていくのはなんでだろう……😢

>きちんと毎日生活するって大事な事なんや!って
>思い返した作品でしたわ。

そうそうそうそう!!
丁寧な暮らしって巷で流行ってるけど、そういうことではなく、もっと単純な事がなぜ大事なのかがよーーーっく分かる内容でしたよね!!
毎日をきちんと生きようと思いましたわ

>お団子作るとこも好きで、不器用トキ可愛い(*^-^*)

八潮可愛かったですよねー♥
トキのヘタクソ饅頭にツッコミをいれる八潮とかね、7月1日のリベンジ餡子の次の日は切なかったな……

>小さくなって消えていった神様の話思い出しました。

桃くれるお婆さんとのね、昔の思い出がまたいいんですよね、思わず返事しちゃってね、私あの話大好き。

>黒髪の子供が宿り木を見上げてる場面ありますよね?
>あれがトキの子供の頃なんでしょうけど、あれが
>どう話に繋がるのか私もちょっとわからんかった。

あそこね、宿り木が落ちた?みたいな中に鳥の死骸?みたいなのがあって、死ぬのは嫌だなみたいなこと思ったから不老不死になったようなことをモノログで描いてありましたけど、それが原因なのかもよう分からんし、ほんとに400年幽閉されてたとして、それを八潮の爺さん達が助けたとすれば、割と最近の時代の話になるのでニュースになりそうだし、ひっそり助けたとなれば幽閉してたのは誰?ってなるしなんか色々気になりますよねー!

>うちは、トキが滅茶苦茶独占欲が強いのを我慢してるのに
>萌えまくりでした。

ミツを探しに行く時、最後みっちゃんと2人で現れてね、“ま、そうなるよね”とか思っちゃうしね、八潮がいつかみっちゃん=ミツって分かる日がくるのかなぁ?(笑)とか思っちゃいましたよww
そしたらトキは独占欲丸出しになるに違いない(笑)

>るみるみ出てくるよ~って
>ヲリさんに言いたかったけど、これは知らずに読んだ方が
>絶対イイわ~と言わなかったんですよぅ。

ありがとうございます。
何も知らずに読みたい逸品でございます。
Pちゃんwww

>最後本当に素敵な終わり方でしたよね。
>うちはここでサイコーやんか・・・って
>何度も何度も読み返した次第です。

私も、ここで終わったらサイコーって思ったら終わったので、ウォオオオオってなりました。
終わり方まじサイコー✨✨✨

>可愛かったですね。鬼子母神!

ミツはバフバフ言ってるだけで可愛くて最高でした♥♥

>ベビーカステラの「あ~ん」が大好きでした。

思わずミツになっちゃうみっちゃんね!!
たまらん、あれはたまらん♡♡

>下巻はもう大好きなシーンの宝庫で
>全部記憶できるぐらい覚えてるんですが(笑)キモイな!

私はわりと上巻も読み返してまして、気枯れを取ろうと必至です(笑)

>お葱切ってくださるからの、お揚げがいい、尊重しましょうの件、死ぬほど眺めました。

ワハハハwww
あそこね、かわいいですよねww照れが伝わる

>八潮の両親はちょっとアレですよね。
>高校生一人残していくか?

そうそうそうそう。
中々そんな親、ちょっとね…せめてお母さんだけでも降りてきてよと思いました。
でもそのお陰でトキとかミツがね(ry

>八潮がトキにヨスガさんの代わりにしてもいいよ~
>トキが代わりじゃねぇと言って怒るシーンも良くて

その後に八潮が言うセリフがめっちゃ好きなでした。
この前までチェリーだったのに…なんて深いこと言うの…エロい…キュン♥

>あまりに推しな作品過ぎて、コメントが暑苦しくて
>大変申し訳ない(^^;

ちぃ姉さんの情熱が伝わってきましたよ。
いいBLに出会えるのはほんと幸せなことですよね。
それだけで、数日は楽しく生きていけますし、熱いコメントは私も楽しく読めて好きです。
また情熱なコメントお待ちしております♡