「雪と松」3巻/高橋秀武

「なあ先生 昔ってどこに消えちまうんだろうね」 「昔はまだここにあるさ雪さん」 *老人になった二人がなんか切なかった… 孤独で宙ぶらりんの男二人が出会い、いつしか掛け替えのない存在になる。 異才が描く純和風BL、第一部完結。 雪と松 3 (eyesコミックス) - 高橋 秀武 「おめえさんのものだぜ…? 髪の毛の一本一…
コメント:0

続きを読むread more