BL小説 「ラブホテルドキュメンタリィ」/鏡コノエ

“岡田さんの息子。岡田Sonが、おじさんに隠れてGPSを起動させていた気持ちが今となっては良くわかる。
このおじさん。謙虚なんだか頑固なんだか、こうと決めたら譲らないくせに、変なところでガードが緩い。
こっちが必死に頼めば、そのうち応じてくれんじゃないかと期待してしまうような雰囲気があるから、ついつい深みにハマってしまうのだろう。
魔性のおじさんだ”

*魔性のおじさん流行ればいいと思う
大学生×おじさん

ラブホテルドキュメンタリィ (オフィーリア)
2018-06-01
鏡コノエ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


あらすじ:
名前も知らない二人は、朝ラブホのベッドで目を覚ました。
躰には情交の痕。でも昨夜の出来事を一切覚えていないことに困惑するが、時間が経つごとに徐々に思い出していき……。
就活中の大学生と、ごく普通の会社員だけど少々流されちゃう系のおじさんの明るめの物語です。






表紙がなんとなくいいなと思ったので
クリックしてみたら
“ベストセラー1位”ってついてたので
ぇぇぇぇ!?そうなの???
ってなりました。
そうなの???

目が覚めたらラブホで
見知らぬおじさんが寝ててと
お互い記憶がないのを
必死で思い出そうとする
そういうドキュメンタリーちっくなお話です。

ずっと2人で
昨日どうやって知り合ったのか
なんでこんなことになったのか
そんな流れが続くので
これもしかしてずっとこんな感じで
ナッシングエロなのかしら?
こうこうこうで
こういう流れでエッチにいたりました。おわり。
とかそんなヲチじゃないよね?
表紙も全然エロティックじゃないし
なんかそれもありそう……
と途中から心配になってきたんですけど
エッチを思い出すシーンが
かなりエロティックに書かれてたので
なるほど!そういうエロスなのねと
感心しました。

おもしろかったです。

ほんとに
このおじさんがエッチとかするのかしら?
と思えるほどの
ウブい感じのするおじさん。

私的には腰乃さんの「幸せになってみませんか」
あれのおじさんを思い出してしまってたので
おじさんの声は終始飛田さんでした。
若者の方は…鳥さんじゃなくて…
羽多野渉でした💦
ごめん鳥さん💦💦

BL小説を読む時って
やっぱりエロの書き方に注目するんですけど
その中でも喘ぎ描写が1番だと思ってましたが
今回アナルの中の描写が
とても細かく書かれていて
“引き抜いた途端に見せる満開の光景が見たくて、一平は亀頭を入れては抜いてを繰り返した”
これまだ先っちょしか入れてないシーンなんですけど
先っちょだけでかなり楽しませてもらえる
エロシーンでした。
喘ぎ方も
「んぅう、ん! ぁっ、あぁあっ… ゃっ、そ、そればっかり……あ! ぁっ…ぁあっ」
って最高かな💕
ここで「ひゃっあ」とか「ひゃん」とかだったら
私もう萎えてた…

喘ぎ方は漫画も小説も「ひゃう」系は嫌派




先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

utatane
2018年08月01日 23:50
ヲリさん、こんばんは~。

なんとなく惹かれる表紙ですね。
ちょっといもあんさんの絵柄に似てるなぁと思ってしまった。
これまた読んでないんですが、ア ナルの描写が気になりましたわぁ💕💕
何となく想像してしまった😅

若者とオジサンの組み合わせ、結構好きで、中でも短編だけど、山田ユギさんの、「明烏」、好きですね~。
表紙絵柄に似てると思った、いもあんさんもオジサンと若者結構描いてたと思いました。
ダヨオさんの「YOUNG BAD~」も大好きな作品なので、やはり若者とオジサン、好きなんだと思います、ワタシ。
ちょっと気になりますねぇ、この作品。
機会があったら、ちと読んでみたいと思いました。
ヲリ
2018年08月02日 00:09
utataneさま>

同人誌かなんかで出版してるとか書いてあったような…
相変わらず小説は全然分からないのでよくも悪くもテキトーに読んでますんでオススメに至るかどうかは謎ですよ?💦

>ダヨオさんの「YOUNG BAD~」

続きが出てるのでDLはしてるんですがまだ読んでないんですよね~~~
ずっと後回しになっちゃってます💦

アナルの描写って文字にすると凄いパワーですよね。
この方の締め付け具合の説明とか中々のモノがあったような気がしますね。笑

この記事へのトラックバック