「オマエは羊。」/高崎ぼすこ

「そうやってガッチガチに意識されると
余計なんかしたくなるんだよ」

*ハァ~♥仔羊ちゃんをいぢめる攻め萌え♥
大学准教授✕生徒兼助手一つ屋根の下ラブ
今回はど~~~しても描きたかった『年の差!身長差!ラブラブ!!』を好きなように描かせてもらいました♥(ぼすこ)

オマエは羊。<オマエは羊。> (あすかコミックスCL-DX)
KADOKAWA / 角川書店
2015-06-01
高崎 ぼすこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オマエは羊。<オマエは羊。> (あすかコミックスCL-DX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


不幸体質の大学生・佑也は、アパートの火事で友人の家に居候することに。しかし友人の兄で家主の司は、所属ゼミの指導員と判明。彼から居候の見返りに頼まれたバイトは「正木と一緒に寝ること」で--!?
イチャラブ満載の描き下ろしも収録!



ぼすこさんは全部買ってるかと思ってたら
まさかのノーコンプだと尻
急いでこちらをポチりました!

なるほど!
こちら2作目だったんですね!
しかもデビューコミックスから2年も経っての2冊目!

えー!!
そんなに開いたんだ!?
デビューコミックス不評だったのしから…
まあ、たしかにあれは表紙詐欺…ゲフゲフ

とにもかくにもデビューから2冊目ということで
よかった今読んで。
これ順番通り読んでたら
多分私3冊目は手を出してなかったし
多分ぼすこさん見切ってた(失礼)


違うんですよ!!
こちらは本当シエルさんらしい作品で
とっても可愛らしいと思うんですよ!
ぼすこさんイラスト出身の方だけあって
絵凄い上手だし可愛いしキレイだし
ただ上手すぎて
結構内容にも期待しちゃうせいか
デビュー作もこれも
結構“え?”っていう展開多いんです。


展開というか
あんまりキャラ達の心の機微がないというか
突然チュッチュされたり
いやその前に一緒に寝るバイトとか
そりゃ言葉だけ見れば
BLでは美味しいあるあるシチュかもしれませんけど
ちょっとこうなんか不自然…

昨日読んだ「それでも~」も
かなり強引エロでしたが
あれはあれで流され侍キャラが成り立ってるから
納得だったんですけど
こちらは流され侍というキャラでもなし
どちらかというとしっかりしてる仔羊ちゃんでしたよね?

なので私的にはもうちょっと抵抗してほしかったというか
先生の方ももっといぢわるしてほしかったというか
なんかもっとこう萌えれそうなのに
イマイチ萌えれなく
3作目と4作目がすこぶるエロかったのに
こちらは中々エロ展開にはならず
やきもきしてしまいました。

なので
先生の弟くんが「明日から合宿」っで言った時には
アテクシ思わず
よっしゃー!!٩(ỏ∀ỏ)و
とガッツポーズしてしまいましたよww

こういうところは
ほんと上手いですよねぼすこさんはね。

やっぱりぼすこさんのエロシチュは
私のツボにハマるなと思いました。

キャラがな…
この作品はほんとキャラが
もう一押しでしたね。

あとエドくん。

当て馬にもならなかったなんて…

金髪と先生のチュッチュもちょっと見たかったですね…



●内容︰3星(かわいいお話です)
●エロ︰3チンコ(まあCIELさんだし妥当)
●萌え︰2キュン(せっかく添い寝のバイトしてるのにあんまり活用されてなかったと思うの。ホントはもっと添い寝しながらチクビ弄ったりアソコ弄ったりイタズラしてほひはった…あ、ちょっと妄想したら鼻血)
●エドくん︰エドくんもっと活躍してほしかったな…
●修正︰あれ?コチラはトーンというかぼんやりというか…同じCIELなのに「それでも~」は修正薄かったなー




*高崎ぼすこ作品感想ログ*
【CIEL】
「それでも俺のものになる」1巻
【Qpa】
「いとしい、ということ」
「たどるゆび」
「とろけるくちびる」(「たどる~」スピンオフ)
【Chara】
「暫定ボーイフレンド」



先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

CIEL 28年11月号
KADOKAWA
2016-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CIEL 28年11月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック