「ラストフライデイ」/絵津鼓

「今日と明日が誕生日イベントなの?」
「うん、花金だからね」
「花と欣だね」「なにそれ」

ラウンジのチャラ男ボーイ×花屋のドジっ子息子
タイトルの由来は花の金曜日、「花金」からです(絵津鼓)

ラストフライデイ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)
大洋図書
2015-09-30
絵津鼓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストフライデイ (H&C Comics ihr HertZシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

まだ見ぬ彼女とのデート貯金に励む大学生の拓海。
そんな拓海が家の仕事の手伝い先で出会ったのは、ラウンジのボーイの欣也だ。
最初はただのチャラいボーイに見えた欣也だったけど、ドジな拓海を何度も助けてくれる。
だんだん仲良くなっていった拓海と欣也は、なんと二人でデートの練習をすることに!
果たして拓海に彼女はできるのか…!?






おもしろいと評判だったので
ポチっとしてみました。

絵津鼓さん
初めて読む作家さんです。
絵が槇えびしさんとか夢花李さんとかにすっごく似てた!!
(お二人共BLまた描きませんか?)

絵というか雰囲気というか
そういうのが似てた。
エロがないのも同じだった・・・(それだけが残念)

あと「IN THE APARTMENT」ってBL
すごい気になってたんですが
この人のBLだったんですね!
にゃるほど!( ΦωΦ )

とってもかわいいらしいお話で胸にキュンキュンきましたよ!
キュン甘ですキュン甘!
なにこのヒヨコさん達!!
ピヨピヨだよピヨピヨ!!!!!

そしてめっちゃ分厚い!!!!!
読み応えありのキュン甘BLでした!!!!

画像


とにかくすんごいボリュームなんですよ!
そしてテンポがいいのでサクサクと読めるんです。

キャバクラに花を届けに行ったら
チャラいボーイが居て
そして仲良くなってと
ヒヨコ二人が終始ピヨピヨピヨピヨじゃれあってます

かわいいいいいいいいい♥

ぶっちゃ毛、ボーイの方は高校生だと思ってなかったので
え?高校生は黒服やっちゃいかんだろ!って
警視庁24時みたいなコト思ったんですが
あ、でも身内だといいのか?なんて全然わかってないオレ

振る舞いが達観してて
とても高校生には見えなかったけど
恋に悩んでる時はやっぱピュアっ子だったな(ホクホク)

花屋くんは典型的アットホームな家庭に育ったので
大学生のくせにめちゃめちゃピュアっ子でした。

デート(仮)の話までお母さんにするとかwww
小学生かよwww

とにかく友達になったばかりの子らが
お互いの悩みを言い合ったり
ちょっとケンカしちゃったり
じわじわと距離が近づいてく様が
丁寧に描かれてて
もうほんとピヨピヨ♥かわいずぎるっ

欣也くんが姉のBLを参考にしてるのおかしかったwww
あと、チーママの姉がママにBL勧めてるのもおかしかったwww
スナックのママが腐女子ってなんかカッコイイ

心悲しくなる展開とかもないので
終始安心してホッコリ読めてよかったです。


ちょっと少女漫画っぽいなーって思ってたら
あとがきに
“少女漫画っぽい華やかさを足してみた・・・つもりです”
と書かれてあったので納得!
少女漫画っぽかったですよ♥

あと、扉絵が
妙に映画の宣伝ポスターみたいだったのがウケたwww
なんでなんwww?って爆笑してたら
それも作者さんの意図でした。

そうでしょwww
なんで急に『男たちは追わねばならない宿命がある――!』とか
表紙意味不なんですけど?????
爆笑してしまいました。
ワタシはハロウィンみたいなウォーリーみたいな扉絵好きです(笑)


全然エッチとかないんですけど
そういうのなくても楽しめる作品でした!
ひよこくんたちのピヨピヨが味わいたい人には是非オススメですね!



●内容:4星
●エロ:チーン…
●萌え:4キュン
●ヒヨコ:5ピヨピヨ
●修正:エロはありません



*絵津鼓作品感想ログ*
「SUPER NATURAL」


先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

IN THE APARTMENT (H&C Comics ihr HertZシリーズ 156)
大洋図書
2014-05-31
絵津鼓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IN THE APARTMENT (H&C Comics ihr HertZシリーズ 156) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

買うか・・・
【コミック】シャングリラの鳥II アニメイト限定セット【8P小冊子付き】 Kindleストア の 売れ筋ランキング

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック