「探偵青猫」6巻完結(じゃなかった)/本仁戻

「…彼女への愛はお前の中に永遠に残ったんだよ…」
世界一我が儘な探偵が
社交界を舞台に
怪盗と解き明かす愛の謎!
待望の完結編を大幅描き下ろし
“ついに6巻です。とても苦しみました。
歳をとるごとに
シンプルなものの奥にある複雑なものに惑わされて
ろくでもありません。”(戻)


探偵青猫 6 (花音コミックス)
芳文社
2011-06-29
本仁 戻

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵青猫 6 (花音コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

緑川伯爵のもとに
引き取られていた洵(マコト)クンの様子がおかしい。
異常にいち早く気付いた虎人(トラト)クンは、半年前からだと言う。
原因は洵クンの家庭教師にあると察した青猫は…。
洵クンと虎人クンの恋を見守る青猫と鶯。
そして、因縁の宝石“マリアの涙”を巡り
過去の妄執に囚われた女賊ネペンテスとの対決が始まった!!





まずはもうもうもうもうもう
本仁さんにお疲れ様を言いたい。

これは大変だったんではなかろうか?
最終回
なんかもう凄かった。
よもやBLと呼べるものじゃないな。
読み終わったあと
ため息が出たというか
ため息どころの騒ぎじゃない
達人伝で言うところの大呼吸だよ。
(分からん人は達人伝+大呼吸でググってくれ)

なんつーか
単に男と男がチュッチュラブラブしてるBLとは違って
恋愛に男も女も関係ないような人らが
謎を解いたり盗んだり永遠の愛だのなんだのかんだのと
いろいろごちゃごちゃこじらせて
それに美しさを感じて萌えーとかなってる
そんな人らが読む漫画です。

もう絵の美しさと
文章の美しさに甘美なほど酔わせていただきました。

いやー、ほんとにお疲れ様でした。(拍手)

なーんて感想をあげてたら
“まだ終わってないみたいですよ”と教えていただき
本仁さんのブログにすっとんだら

探偵青猫は6巻で終わりにしようと思ってないので、よろしくです。

と書かれてありました。

えぇえええええええ(;・∀・)
だって帯にどうどうと完結って書いてあるからああああ

画像


本仁先生いわく
“「ネペンテスの袋の完結編」と言う意味じゃないかなぁ…と思うのです。”
だそうです・・・

大変失礼しました。(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ

詳しくは本仁先生のブログで(コチラ


では簡単に感想を


『夜の骨牌(カルタ)』(上下)
マコくんが美しく成長して登場です。
マコくんがいつ美少年になって現れるのか
首を長くして待ってたんですが
最終巻で登場とは本仁さんやりよる。
開いた瞬間1ページどーんとエロシーンだったので
思わずページを閉じてしまいました。
これから読む方は背後にお気をつけください。
本仁さんエロい!!!!
マコくんと虎の成長ラブなんですが
他の方の感想とか見ると
“涙が出た”とか“感動しました”とか
それはもう心洗われる感想ばかりだったのに
ワタクシは
何故、二人の青姦がないんだと
そっち方に涙したクズ野郎です。

鶯と早乙女伯爵の時といい
本仁さんは肝心な人らのエッチは描かないんだもんなー
でも美しいマコくんと美しい虎にうっとりしてしまいました。



『ネペンテスの袋』(序章~其の参)
さあ最終話です!!!
本仁さんが難産したこの最終章
ワタシも感想書くの難産でした笑。
硝子蝙蝠と硝子蝙蝠の元カノ・女賊のネペンテス
そして現在進行形の愛人・黒猫さん。
この三人のまわりくどい愛憎劇。
凄いです。凄かったです。
永遠の美しさとか永遠の愛とか
エロチカとかグロテスクとか
ビアズリーはお好きですか?とか
えええええ????
なんですか????ってなりながら
好きでい続けたいから
愛し続けたいから
だから手放す。
愛され続けたいから離れる。
離れてる距離、年月こそ愛の深さ。
遠距離恋愛の人にオススメしいくらいの
このひねくれまくった愛情が
ワタシにはとても甘美で
硝子蝙蝠から言ってもらいたかった言葉を
青猫さんに奪われ
その青猫から硝子蝙蝠の禁忌を
奪ったネペンテス
一番最後の
「蝙蝠が殺した最初で最後の人間になれなくなったのだ…」
これでワタシも本仁さんに全て持ってかれました。

いや、凄かった。
なるほどなー!って
ワタシはまわりくどくてねちっこく
まどろっこしい恋愛話は大好物なうえ
ちゃんと納得させていただけたので
大満足です。

そこまでBLしてる作品ではないので
オススメです!
とは言えませんが(まわりくどいし笑)
絵の美しさと
ゴスちっくな純文学的耽美愛が好き方は是非♥

ワタシも本仁さんの作品をもっと買って読みたいと思います。

贅沢を言えば
もっとエロがあればいいと思うのだけど。



●内容:5星(まわりくどさ炸裂)
●エロ:3チンコ(描けるのに何故描かない!!!)
●耽美:5トキメキ(ため息)
●美少年:5涎(ふつくしい・・・)



*「探偵青猫」5巻感想:コチラ
*本仁戻作品感想ログ*
【BBC】
「恋が僕等を許す範囲」-新装版-(全2巻)
「グラン・ギニョール」
【花音】
「スタンレー・ホークの事件簿」
【BLCD】
「探偵青猫」




先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村
【Kindle版】
探偵青猫 6巻 (花音コミックス)
芳文社
2013-10-18
本仁戻

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 探偵青猫 6巻 (花音コミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

ヲリ
2014年12月17日 13:02
楓サマ

>ネペンテス編が完結で、青猫最終回ではないみたいです。

え!?
そうなんですか???
(急いで本仁さんのブログへジャンプ)
ほほほほほほほほほ、ホントだ(・□・;)

すいません訂正しなくちゃ!!!

ありがとうございます!!!
ヤバイヤバイヤバイ!!!
怒られちゃうヤバイ!!!!

あぁ・・・でもこれで終わりじゃないってことはマコクンと虎人の濃厚なエロが読めるかもしれないという可能性が・・・
期待はあまりしなでおきます(;ω;)

この記事へのトラックバック