「空手小公子 小日向海流」48巻 /馬場 康誌

前巻から始まった
小日向と鳴海透によるPOKFの王座決定戦が
いよいよ本格化!
ロープを背にして待ち構え
多くのキックボクサーをマットに沈めてきた鳴海の必勝の型を前に
小日向はなんとか突破口を開こうと果敢に攻めるが‥‥?
小日向との戦いの中で、冷静だった鳴海も徐々に
その感情をあらわにし始める。
互いの実力をさぐりつつ
間合いを取り合うスリリングな展開が見所の
白熱の第1ラウンドを収録!!


空手小公子 小日向海流(48) (ヤンマガKCスペシャル)
講談社
2012-05-07
馬場 康誌

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空手小公子 小日向海流(48) (ヤンマガKCスペシャル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





隻眼ボクサー鳴海との試合!!

極力ヤンマガでは
「小日向くん」は見ないよう
ページをめくるんですが
たまにガッっと小日向くんのページとか開いて
おもいっきし小日向くんがヤラれてるシーンとか見ちゃってて
「あれ??ミノルやばいの???」
なんてドキドキしてたんですが
48巻見る限りでは
まだミノルの方が1歩上のような・・・

なーんて思ってたら
最後の最後で食らったああああ!!
左食らったああああ!!!

あぁあああ
アタイがチラっと見たのはこのシーンだったのだろうか:(;゙゚'ω゚'):

最後痛烈にもらってた!!


ぶっちゃ毛
格闘技は好きだけど
やったことないので
細かいコトなどわかりませんし
やれ
「彼は総合にきたのは最近だからまだなんちゃら筋が硬い」
とかそんな解説はできませんが(*オールラウンダー廻より)
塚、できるようになれたらカッコイイとは思うけど
だけど
格闘技における精神力で
「臆病さは慎重さ
無防備は」
・・・なんだっけ?
なんかそういう精神論で小日向くんが強くなってくサマは
こちらも震えますね!

技術云々とは別に
戦う姿勢、精神で弱点が美点になる
ある意味人生においても重要なコトのような気がします。

なーんてマジメに語っちゃった(゜ー^;テムペロ


こんなマジメな話をしといてなんですが
各話の中表紙がですね
まーエロ画のオンパレードでして
コレはなんだ?
一昔前のラウンドガールっぽく演出してるかしら?
って思ったよwwww

各話終わるたびに
ハレンチなお姉ちゃん達の表紙で
それはそれは
試合が終わるたびに出てくるランドガールみたいでワロたww

最近のラウンドガールはスポーティな感じで
まったくエロくなくなってしまいましたが
それを嘆いての
馬場さんのささやかなプレゼントなのかしらww?

昔は水着のお姉ちゃんが出てきて
手を振ると
男、女構わず振り替してくれて
試合とは別で楽しみだったのになぁー

って最近まったく格闘技を見に行ってないから
そこらへんの事情は分かりませんが
そもそもラウンドガールってまだ居るのかしら?



ああ・・・まったく関係ないヲチで終わってしまった・・・

まぁアレです
馬場先生のこのズレたエロっぽさは
連載当時から変わらないなー
って思っててwww
ステキですよ先生ww




●読後のテンション:



*「空手小公子 小日向海流」47巻感想ログ:コチラ



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック