「ヒストリエ」7巻/岩明 均

マケドニア王フィリッポスに見初められ
書記官となったエウメネス。
そこで出会った王子アレクサンドロス(後の大王)
の二重人格の秘密に触れ
さらには王の依頼でマケドニア将棋を開発する。
一方、マケドニア軍は近隣に覇を唱えるべく東進を開始。
拠点になるのはエウメネスが育った町カルディア。
マケドニア軍の一員としてエウメネスは旧知の人々と再会した。
目指す攻略先はビザンティオン(現在のイスタンブール)である。


ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC)
講談社
2011-11-22
岩明 均

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒストリエ(7) (アフタヌーンKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ギャアアアアアアア

キモイ!!
めちゃめちゃキモイ!!


今回はマジでサブイボが出るくらいのキモさを味わった!!!

アレクサンドロス王子のママがさ
男と浮気をして
でもってそいつを斬って
首を切断したんだけど
その死体をママが飼ってる大蛇が
飲みっ・・・飲み込んで・・・
飲み込んでぇ・・・ 
オェエエエエエエエエエェェエエエエエエエエ

ダメっ!
キモイ!!
すっげキモイ( ̄□ ̄;

最後、アレクサンドロスの顔の痣と大蛇がうまくかみ合って
すっげかっこいい絵が描かれてあったけど
ムリっ!!!!
キモすぎたっ

岩明さんマジっぱねぇー!!!


岩明さんってホントめっちゃさっぱりした絵なのに
なんでこんなに残虐シーン凄いんだろう!!

毎度毎度、驚愕させられます


でもって戦ってるのにちっとも戦さをしてる感がない
最後のマケドニアとビザンティオンの交戦wwww

こんなに穏やかな戦シーンは初めて見ましたww

それが悪くないから
すごいよ岩明マジック!


7巻も岩明節が効いてておもしろかったです(*´∀`*)
(でもヘビのシーンはもう読まない

8巻もまた1年半くらい待つのかしら^^;
もうちょっと早いペースで読みたいんだけど
お話同様岩明さんもゆったりペースなのかしら?

アレキサンダー王がガスガス活躍するのは
いつになることやらww



読後のテンション:



*「ヒストリエ」6巻感想ログ:コチラ



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

月刊 アフタヌーン 2012年 01月号 [雑誌]
講談社
2011-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊 アフタヌーン 2012年 01月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック