「アオイホノオ」7巻/島本和彦

ホノオ、人生最大のライバル出現!?

画像



ついに「さよなら三角」登場wwwww

マイナスもプラスもないと
言い放ってるホノオくんが
唯一褒めた原さんのいいところ!
それはタイトル!

「一見漫画に内容がなくても・・・
『実は深く考えてるんだよ』的に
読者をリードする思わせっぷり!!
たくみだ!
タイトルの付け方がさりげなく上手い!!」


だそうですwwww
タイトルは確かに重要ですよね!

そして原さんの「アハ
あだち充の「ムフの破壊力に気づいた原さんが
そのまま使ったらパクリになるから
それを見事に回避する魔法の言葉を作りやがったと
このままだとあだち充の「ムフがパクリだと思われてしまうと
心底あだちさんを心配してるホノオくんがめっちゃおかしかったwwww

「あだち充がかわいそうだ!!
全部原秀則に持って行かれてしまう・・・」
←ワロタwwww

大丈夫ww
あだちさんの「ムフ」は最強でした!


そしてその後のガイナックスという
すんごいアニメ会社を作ることになるあの3人は
武田康廣(のちのガイナックス取締役統括本部長)に連れられて
岡田斗司夫(のちのガイナックス初代社長)の豪邸で
岡田斗司夫本人とご対面!

入口の趣味の悪い不気味な鹿の彫り物に
「仮面ライダーの13話で
滝がショッカーの屋敷に潜入した時に似ている!
来た甲斐があった!!」

とギラギラしてる庵野さんにワロたwwww

そしてあだち充を心配してるホノオくんと同様
こっちはこっちでウルトラマンの心配をしてるのにワロたwwww
*「ウルトラマン80」は結局ダメってことなんだろうか?
(ウルトラマン80世代)

ホント島本さんの話の進め方は
絶妙すぎて笑いが止まりませんwww


そして矢野健太郎に対する敬意あるディスりっぷりwww

自分に残された道はSF路線でのギャグ!
そう思ってたホノオくんを打ちのめした矢野さんのデビュー作!

「ロボット三原則
自分はちゃんとアイザック・アシモフを読んでるという自慢!
やられた・・・ヒロインがロボットとか・・・
ちくしょう上手いよドリル戦車とか・・・
これは永井豪のセリフ!!
永井豪まで持っていくつもりか!?
俺から豪ちゃんまで奪っていくつもりか矢野ォ!!


これらはSFファンをガッシリ掴む要素だそうですwwwww

ガンダム好きのアタシが最大に吹いたのはこの擬音!

ザク ドム ゾック ズゴック ざくれろ ジオング

使ってる擬音が全て…
ガンダムに出てくるモビルスーツの名前を・・・
意図的に登場順に・・・
アニメ好きなわかるマニアだけわかればいいという隠しギャグ!


これはアタシもスゴイ!!と思いましたね(゜∀゜)
こういうの大好き!!
マニアだけ分かればいいとかいう遊び心!!!

矢野さん凄かったんだなー!!!
(矢野さんっていったら「ネコじゃないモン!」くらいしか出てこない)

今回もとてもタメになりました。

最後にSF命のホノオくんが
「SF(巨匠でしか許されないジャンル)より
ラブコメ(新人でも楽にこなせるジャンル)
そっちのほうが宇宙の平和より大切なんちゃう?!」

と憧れのトン子さんに言われてるのがワロたwwww

そろそろアタシも
スリーナインに乗らければいけないんだろうか・・・



●読後のテンション:



*「アオイホノオ」6巻感想ログ:コチラ
*「アオイホノオ」8巻感想ログ:コチラ
*島本和彦作品感想ログ* 
「炎の転校生」ワイド版全6巻


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村



7巻の続きが読めるそうです!
ゲッサン 2011年 12月号 [雑誌]
小学館
2011-11-11

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゲッサン 2011年 12月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック