劇場版「ブラブラバンバン」 監督:草野 陽花

芹生百合子:安良城紅
白波瀬歩:福本有希
何故か村雨亮役に岡田将生!?

ブラブラバンバン [DVD]
ポニーキャニオン
2008-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラブラバンバン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





柏木ハルコさんの漫画「ブラブラバンバン」の映画版なんですが
2008年に映画化されたんですよう!
その頃すでに岡田マァくんはけっこう売れててですね
(塚、「天コケ」の時すでにアタイの友達にススメられてました)
当時コレの映画化を聞いた時
「え?こんなエロ漫画にマァくん出るの?」
とビックリしたのを覚えてますww

おかげさまで
アタシの中では当時から結構注目してた映画だったのですが
全然売れませんでしたねぇーwwwww
公式HPすらもうすでに見当たりませんねぇーwwww

「ブラブラバンバン」は
今は無きアタイの愛読週刊マンガ
「ヤングサンデー」に連載されてたんですが
けっこうエロく(ヤンサンだしなw)
エロというか官能的というか
芹生さんというブラバンの先輩が
演奏中気分がノッてくると欲情するというか
ちょっと大胆になってしまうという特異体質の持ち主でしてね
その特異体質の芹生さんを安良城紅 ←

安良城紅か・・・

この段階でもうコレは
「あれ?安良城紅けっこう頑張ってたじゃん?」
となぁなぁな感想になるか
「あれ?全然エロくないじゃん?」
のどちらかな感想になるわけでして
まぁどちらもだったんですがwwww

気分がノッてきて
相手の俳優さんを押し倒して
腰を動かしてる安良城さんは
まったくもって笑えたwww

がんばったwww
安良城さん頑張ったよwww

コレはもう狙い通り「青春音楽映画」になってましたねw

おかげさまでいろんな感想コメントに
“気分がノッくるとエロモードになる女子高生ってなんですか?”
とか
“この変な設定さえなければちゃんとした青春映画だったのに”
とか
おいおいおいおいおいおい(・∀・;
この設定じゃなかったら
「ブラブラバンバン」じゃなくなるだろう?

とけっこう元も子もないコメントが多くてガッカリでしたww(;ω;)

ぶっちゃ毛、この設定はいかされてなかったってコトですね?

そもそもこの設定は
マンガでは表現しづらい音楽表現を
エロという観点で表すという
ハルコさんならではの発想なわけで(たぶん)
映画じゃいかせないのは当たり前といえば当たり前。

「スィングガール」や「のだめ」「神童」と
若い世代に向けた青春音楽映画ブームだったから
そういった風に作ったのかどうか知りませんが
こんなことなら
つぐみとか使った「月光の囁き」のような
アングラな若者に向けて
官能な音楽映画にしてほしかったな・・・
とちょっとだけガッカリしました(^^;



まぁ確かにコミックとははっきり言って違ってましたし
コレはコレで面白かったとも言いませんが
安良城さんの頑張りは良かったと思いますww



●オススメ具合:1回くらい見ても損はないかもww



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

ぶっちゃ毛この子が安良城さんwww↓
ブラブラバンバン 1 (ヤングサンデーコミックス)
小学館
柏木 ハルコ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラブラバンバン 1 (ヤングサンデーコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック