「機動戦士ガンダムさん ななつめの巻 特装版」/大和田秀樹

本来なら3/12に発送されるはずだったガンダムさんななつめ

そうです・・・地震ですね・・・

お知らせのメールもなにもこなかったから
いったいいつ届くんだろうと思ってたら
3/15に届きました!!!

箱を開けると詫び状がw

画像



アタシ的にはもっと遅くなるのかな?て思ってたので
早く読めてよかった

そしてコミック!

画像


アコギですいませんwwwwwwwwwwwwwww(≧∀≦)

アコギかどうかは別として
この特装版は予約限定なので
予約しないと買えないハズなんですが
あれ?
尼さんは予約受付中になってる??
あれ?
予約終了したんじゃないの????
えええ??買えるの????

角川さんは“限定”を売りにしてるわりには
結局普通に売ったりするからイヤなのよねー( ̄△ ̄)

予約した意味ないじゃんっ



まぁそんなコトはさておき

画像


フロンタルピヨコおおおおお(≧∀≦)

いやああああああ!!!!!
ちょっとおおおおおお!!!

まさかまさかのUCきたあああ(≧∀≦)ノ

ヒヨコ3種!!!!

シャア、クワトロ、フロンタル!!!!

すてき!!!
すてき大和田さん!!!!
ありがと~~~(T∀T)

百式ヒヨコより盛り上がってしまったゼ
(因みに限定ペーパーもUCでしたw)


中身はこんなカンジですw

画像


フロンタルピヨwwwwww不気味すぎるぅwwwwwwwwww


画像


ヒヨコストラップだけアホのように持ってますが
もったいなくて使ってません!

きっとコレも
ヒヨコ急便のように仕舞われるのですwww


読む前にテンションあがったななつめの巻

因みに通常版は3/26に発売されますよ。


またも「ガンダム創世記」がめっちゃ熱いです!

映画化になるまでの
富野監督の熱血ぶりが熱すぎます!!!

そして相変わらず安彦さんの美しいことwwww

安彦さんが筆を使って描くというのは
前にMAGNETで見て知ってたんで
そんなに驚かなかったんですが
知らなかったらきっと
目が飛び出るくらいびっくりしてたと思う!

雄彦以来のびっくり筆使い!!!

筆で漫画描くとか
オイラの頭には全然なかったわ

そして笑えたのが
“悩ましのアルテイシアピンナップ事件”

うおー!そんなのがあったのか!!!
知らんかった!!!
全然知らんかったよー!!!
見たかったなーセイラさんのヌード(≧∀≦)

とにかく熱いガンダム創世記!

最近はコレを目当て読んでるんですが
でもやっぱ元来のガンダムさん4コマ!
コレも好きですねw

確かに1,2巻の時に比べれば
ずいぶんとキレはなくなったんですが
やっぱり「プっw」と笑っちゃう
ガンダムなるほどトリビア的4コマ!

今回も脱出用のコアファイターが
実際は特攻のような扱いしか受けてたなかったという事実!!

ワロたwwwww(≧∀≦)
たしかにピグザムに突っ込んで行ったっけwwww


改めていろんなコトが分らせられるガンダムさんなのです!


そして
今回からできた「変なシャアの章」

何コレwwwwww
くだらなすぎてワロたwwww
塚、シャアじゃないじゃんコレwwwww


やっぱりガンダムさんは最高だw
アコギなことされても大好きだゼwww
大和田さんこれからもがんばって描いて下さいw


次回は映画化されたガンダムが
いったいどう世間を騒がせたか
アタシは幼かったので
当時の記憶が全然ないので
すっごくドキドキしてますw

あー楽しみだww

あとやっつめも限定版とか出してくれたら
まっさきに予約するんでw
めちゃめちゃ踊らされてやるんでw
よろしくお願いするよwww



*「機動戦士ガンダムさん むっつめの巻」感想ログ:コチラ
*「機動戦士ガンダムさん やっつめの巻」感想ログ:コチラ
*「なるほどことわざガンダムさん」感想ログ:コチラ


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

機動戦士ガンダムさん ななつめの巻 特装版
角川書店(角川グループパブリッシング)
大和田 秀樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダムさん ななつめの巻 特装版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


【コミック】シャングリラの鳥II アニメイト限定セット【8P小冊子付き】 Kindleストア の 売れ筋ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック