「長い間」/館野とお子

高校時代からの友人、10年来の気持ち
他、人気シリーズ「僕と君とのこれからは」を収録。

長い間 (Dariaコミックス)
フロンティアワークス
館野 とお子

ユーザレビュー:
すごい作品!びっくり ...
読後感がさわやか!館 ...
地に足がついた作品で ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 長い間 (Dariaコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2005/8/22 発行


「変わる世界」で
館野とお子さんの世界感がとってもステキだったので
ちょっと他のも読んでみたくて
買っちゃいました。

この方はアレですね
余分なモノをそぎ落として
なるだけすっきりしたカンジのストーリーを
お作りになりますね。

絵柄もあるだろうけど
すっごくシンプルで爽やかだw

だから読んでるコチラは
あれこれとキャラについて考えてしまうのだけれどww

高校の時
1度だけ関係を持ってしまった親友の宮木と阿部
そのコトに対して館野さんはそんなに
追求するほど描いてはないから
一度サラっと読んだぐらいじゃ
ホントのところよく分からないような気がする。

宮木というヒトは
ゲイとかバイとか
そういうたぐいのものじゃなくて
“阿部”が好きなんだろうな。
だから
それ以外の人間だったら
男でも女でも誰でもよかったんだろう?

そして
彼の気持ちにずっと気づいていながらも
気づかないふりをしてた阿部。
というより
気づかないフリをしていたコトにさえ
気づいてなかったというか・・・

だから宮木に”彼女”が居るコトを知って軽く動揺するんだけど
阿部らしい行動で自分の気持ちをハッキリさせた、というか・・・

「お前と寝た女だからだよ」

だから寝たんだ!
という、阿部らしい告白が
アタイはとってもよかった。

そして
宮木の気持ちに気づかなかったふりをしてたことに
「ごめん」と囁く阿部

その後
その情事の後
起きてきた阿部が
宮木の首の後ろに“チウ”ってするシーン
なんか知らんが
あそこがすっげパゲた~(≧∀≦)

たいしたコマじゃないんだけど
めっちゃキュンとした

阿部のキャラはキライじゃないです。

多くのコトは描かれてないけど
登場人物それぞれの内情がなんとなく分かる作品でした。

結局誰も傷つかず
ハッピーエンドで終わったのがとってもよかったです。
宮木の彼女も
深く描かれてはないけど
「あー、そういうことか?」って理解できたしねw

そして描きおろしを見るかぎり
宮木はムッツリだと思います!!

とお子さん!!!是非、宮木のむっつりエロを描いてください!!!!!(必死)


そして『僕と君とのこれからは』シリーズ3編
高校の2年と3年で
対立しあってるチームのリーダー同士が
実は付き合ってます!
みたいな、不良版ロミオとジュリエット?
まぁ、別にバレても反対されなかったので
別れるとかそういう悲恋話ではないですが
とお子さんが“あとがき”で
「好きだー!!!!」「俺も好きだァァ!!!!」
ドガーンガシャーン合体ィィ!!!みたいなキャラが云々カンヌン

って書いあって
まさにそんなカンジだと大笑いしましたwwww
主役2人より
取り巻き連中の行動のほがおもしろかったwww
河野は瀬尾のコトが好きなんだと勝手に思ってるwww


こういうシンプルで爽やかな作風のヒトが
がっつりエロを描いたらどうなるんだろう?
とすごく思ってしまったので
是非読んでみたいですとお子さん( ̄ω ̄)ムフリ


私的:爽やかなBLです。



*館野とお子作品感想ログ*
「変わる世界」
「恋は思案のほか」
「運がいいとか悪いとか」
「ピース」1~2巻
「約束の日」(新装版)
「好いたレベルはどれくらい」



にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

Daria (ダリア) 2010年 10月号 [雑誌]
フロンティアワークス
2010-08-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Daria (ダリア) 2010年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック