「AMETORA-雨寅-」/依田沙江美

先輩×後輩、ゼミ生同士のトラベル・トラブル・ラブ!!

AMETORA―雨寅― (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
新書館
依田 沙江美

ユーザレビュー:
う?ん。依田さんの作 ...
依田先生の作品は貴重 ...
あの人は日本の頭脳だ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


2009/11/30発行


申し訳ないですが
今日のアタシは本調子じゃないので
かなり文面がズレるかもしれません
ゴメンナサイ
脳内がちょっとした新型インフルエンザ状態でして・・・
もータミフルに匹敵するある代物が
アタシの脳をピンク色に侵食中なんです
だから、
このコミックの評価が左右されたら大変なんで
先に詫びときますっ
コレ、おもしろいですから

この前タカジョウさまのブログに遊びに行った時
このコミックを絶賛されてたので
気になって買ってみたんですが
他のとこでも絶賛されてたので
かなりの人気コミックなんだと思います

アタシ、
依田さんは初めてです
スッキリした絵だと思います。(明治カナ子さんに似てるような・・・)
スッキリしてるわりに
雨音が妙に色っぽい
ホントに

攻めさんがダムヲタなんですヨ
“鉄ヲタ”の次は“ダムヲタ”まで主流になってきたな~
とぼんやり思ってしまいました。
アタシはダムって
死体とか心霊スポットとか
暗いイメージしかないんですけどねー・・・

で、このダムヲタで、数学博士みたいな寅之(ともゆき)が
このウットリ素敵な雨音を怒らしたような
そんな中途半端な所から話は始まります。
雨音の仲間と、トラの5人での旅行。

失恋中のヤツや
雨音の元カレがいるという話なんですが
それがだれかは分からない?
読んでて
サスペンス的にハラハラします
トラが天然キャラなんで
ちょっとは和らぐんですが
アタシは
「もしかしてトラがダムにつき落とされるのでは
と恐怖を抱いて読んどりました

ですが、
そういった恐怖とは違くて
雨音の元カレが誰か分からないまま
なにか間々ならぬ雰囲気をかもし出す
アガサクリスティみたいなそんな恐怖感
だって、
声はするけど姿は見せない。
もー依田さん怖すぎ

最後にはちゃんと分かるんですけど
体中のリストカット・・・
体中だからリストカットじゃないわな
なんていうの
とにかく洋服めくると傷だらけ・・・みたいな・・・
あそこのシーン
超軽いタッチで描かれてあったのに
めっちゃ気持ちわるかった

結局、
カレはそのまま姿を消したみたいなんだけど
アメリカ映画だったら
ジェイソンばりにⅡとか作れそうな終わり方
へんな意味で怖かった・・・この話

って、
こんなミステリーみたいな描き方してますが
多分読んだコトある人は
「そーかー
と突っ込みを入れたくなるかも
でも、
無駄に幽霊とか出てきて
アレ必要か
アタシャ最後まで気になってしょうがなかったヨ

作者の依田さんはコメディを描きたかったのか
それともサスペンスを描きたかったのか
なんとも言えない
そんな作品だと思います。
ビビるけど、笑える。
みたいな

ただ、残念なのが
こーーんな色っぽい受けさんなのに
エロシーンが少なかった
こんなにフェロモン振り撒いてる受けさんなのに
エッチシーンはコレだけ
しかも回想

えーーーーー
雨音ぇぇぇ

そう、怖いと言えば
この雨音も結構シタタカだったわー
トラにはめっちゃ甲斐甲斐しいのに
友達にはすんげー女王様
えー、何このヒト
ツンデレとか言わないヨねーコレ
2重人格だよねー
なんか愛が冷めたら
サッサとトラとか捨てちゃいそうなタイプ
怖いいいい

しかも
結構遊んでるのに
トラが「初めて」と言うと

「僕も・・・です 
なんだ・・・お揃いなんですね よかった


ですって
ですってヨ奥さんっ
ギャー
トラ哀れなりっ

でも、
雨音のバスローブ姿で許すっ

いやもーホント雨音は色っぺー
超美人さんです
なので、
もーちょっと乱れた雨音を読みたかったです
読みたかったヨ、依田さん

あと、
びしょ濡れプレイ好きのアタシとしては
「あなたは素数だ」
と言ってチューしたあと
もちろんエロスを期待したのは言うまでもありません

えーーー・・・ 
ないのー・・・
あんなにエロいのにぃぃぃ・・・

いがいとジラシプレイが好きな作者さんなんですね

私的:フェロモンバリバリの受けさんなのに
エッチシーンが少なかった
ただ、最後のプッチョで激しく吹いた



*依田沙江美作品ログ*
「愛の深さは膝くらい」
「愛くらいちゃんと」(「愛の深さは~」の続編)
「よろめき番長」





にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

Dear+ (ディアプラス) 2009年 12月号 [雑誌]
新書館

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


【コミック】シャングリラの鳥II アニメイト限定セット【8P小冊子付き】 Kindleストア の 売れ筋ランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2009年12月09日 09:58
最後のぷっちょ、すっごい可愛いですよねwww
サスペンスとかの要素を入れないで、普通にラブコメ1本で書いてくれればもっと面白かったのかなーとちょっと思ってしまいました。
もっとラブに集中して欲しかったです。
今のでも充分面白いんですけどね。

そういう点では、「愛の深さは膝くらい」シリーズの方がお勧めです☆こちらもカワイイ。
ヲリ
2009年12月10日 09:07
タカジョウさま
はい、充分おもしろかったです
ただ、雨音が色っぽすぎたのが罪
めちゃめちゃエロを期待しちゃいましたテヘ


「愛の深さは膝くらい」>
おお~ それは是非とも読まなくちゃですわ

この記事へのトラックバック