マンガにっぽん今も昔も(ホモ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「赤のテアトル」/緒川千世

<<   作成日時 : 2017/05/31 02:02   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

「昔の男が成り上がっていくのを見るのは
たまらなく興奮するからね」

*叔父さまー!!!!かっこいいー!!!!!!!
昼は気丈な社長
夜は淫らな娼婦
側近ゴーストデザイナー×淫靡で健気なミューズ
独占欲に葛藤するゴーストデザイナーと
歪んだ愛を捧げる健気なミューズの
めくるめく逆転主従ロマンス・ストーリー。

赤のテアトル (onBLUE comics)
祥伝社
2017-05-25
緒川千世

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 赤のテアトル (onBLUE comics) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


パリのファッション界で、一躍名を馳せた女性靴ブランド・アバルキン。
その急成長の裏には、秘密があった。
それは淫らな肢体とむせ返るような色香で業界人を惑わす、美しき青年社長・ユーリの枕営業…。
そんな娼婦まがいのことを夜ごと繰り返すのも、すべては愛しい側近のゴーストデザイナー・アダムの夢を叶えるため。
彼を繋ぎとめられるなら、たとえ利用されていても構わないと気丈に身体を差し出すユーリだったが―――。




やっと緒川さん「赤の〜」が電子化されて
久々緒川さんのホモ読めましたよ!
おいたが過ぎるも早よぉー!!!!

でも久々に緒川さんの作品読めて
ワーイワーイだったんですが
ごめんなさいアテクシ
表題より番外編がめちゃくちゃ好きです!!!

叔父さま!!!ミハイル叔父さま!!!!(≧∇≦)

ミハイル叔父さまは本題には
ちょこっとな感じでしか出てこないんですが
ちょこっとていうか
アパルキンブランドの役員みたいなポジ?
社長がユーリでデザイナーがアダムなら
経営補佐?
ユーリの叔父なので血縁役員だよね。

とりあえず
自分の取り分が減らなければ口出しはしないよ
ってな感じの飄々とした叔父さまで
別にセクシャリティな部分とか
一切描かれていなかったのに
いきなり番外編の表紙でミハイル叔父さま!!

えええええ?!?!
相手誰よ??
と思ったけど
どう考えてもアパルキンを窮地に追いやった
ライバルブランドの
ガルシアさんしかいないよね?
って思ったら
やっぱりガルシアおじさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

お相手ガルシア髭ダンディなの?!
ウソでしょ!!!!!!!!!!(大喜び)

この飄々としたミハイル叔父さまと
髭のカルロス・ガルシアオジサマが
ホテルのレストランの個室で
お前の会社を救ってやるけど
身体を差し出せみたいな♥
てゆーかここ付き合ってたのねー!!
昔ねー!!!!
ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ

ガルシアオジサマの
エロスな復讐が始まったわけですが
まさか!

まさかミハイル叔父さまで
ハイヒールを履いてらっしゃったとは( ゚д゚)クワッ

ユーリの若さなら分かるが
まさかのオジサマにハイヒール
オジサマ+スーツ+ピンヒール

世界中の枯れ専腐女子が死にました。

そしたらガルシアオジサマなんて言ったと思う?

「下を脱いで足を開け」

(°д° )

し、下を脱いで足を開け????

ま、ま、ま、マジでか(°д° )

と、口から涎を出しまくって読んでたら

「手を上げて後ろに回せ」

手を上げて後ろに回せ?!

(°д° )(°д° )(°д° )

ここ、ページ最後のコマで
これをめくると
手を上げて後ろに回したミハイル叔父さまが
いらっさるということですよね?

ページめくると…

ページめくると!!!!

ページ捲ったー!!!!!!!!!!!!!!

インリンオブジョイトイポーズ!!!!!!!!

ミハイルオブジョイトイキターーーー!!!!!!

ミハイル叔父さまのハイヒール開脚!!!!!!
屈辱的ポーズ!!!!!!!!!!

叔父さま!!!!!!!!!!!!
ミハイル叔父さま!!!!!!!!!!!!

もう大興奮でした(:.;゜;Д;゜;.:)ハァハァ

こっからオジサマたちのおセッセがエロい!!!!


ガルシアオジサマの言葉責めと
ミハイル叔父さまの嫌味受

エロい!!!!!!
ビショビショでエロい!!!!!!

そして情事後の
またオジサマ2人がエロス!!

なんなんだこの番外編!!
番外編らしくページも少ないのに
この2人のラブがたまらなく伝わったきてエロい!!!!

申し訳ないが
この番外編だけめちゃめちゃ読み返してます。

ユーリとアダムも可愛くていいのだけど
てゆーか
ユーリがユーリ・プリセツキーにしか見えません…
でもユリオはツンデレだからな…
ちょっと違うのよね…
容姿がユリオなんだよ。

この話ハイヒール男子が好きな人には
たまらないだろうなあ…
とか思いながら読んでました。

でもハイヒールって痛いのよ…
ピンヒールとかとくに痛いのよ…
そんなくそどうでもいいことを思いながら
最後2人がスニーカー履いてるの見て
良かった(T-T)
もうこれで痛くないね(T-T)
とか思ってしまいました。
ほんとどうでもいい…


話ほぼほぼ
病んホモドロドロの恋愛なんですが
最後がすっごく幸せに満ちてるので
読み終わった後は良かったね(T-T)
ってなると思います。

私はもうミハイル叔父さまとガルシアオジサマに夢中。

またオジサマ2人おセッセしてほしい(涎)



●内容︰4星(緒川病んホモここにあり)
●エロ︰5チンコ(愛のあるおセッセはほぼないけど…)
●萌え︰5キュン(番外編がもうラメぇー♥)
●ピンヒールは履けません。偉いよユリオ(T-T)
●修正︰チンコの形





*緒川千世作品感想ログ*
【ミリオンコミックス】
「王子の箱庭」
「このおれがおまえなんか好きなわけない」
「おいたが過ぎるわ子猫ちゃん」(「このおれが〜」のメンツがちょっこし出てます)
【GUSH】
「誤算のハート」
「終わらない不幸についての話」(「誤算のハート」のスピンオフ)
「世界は君で廻ってる」
【BBC】
「ラクダ使いと王子の夜」
「カーストヘヴン」1巻



先っちょ、裏スジ、玉袋
お好きな部位を押してね♥(ゲス顔)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

onBLUE vol.28
祥伝社
2017-05-25
オンブルー編集部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by onBLUE vol.28 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はカイ王子もカッコよかったけど、ハイネがごくせんのヤンクミみたいでカッコよかったっすね♥

緒川さんは作家買いしてるんで、私も『赤のテアトル』読みましたー。

>おいたが過ぎるも早よぉー!!!!

もう電子化されてますよー。
ヲリさんも早くツンデレ弓太にキュンキュンして下さい♥
ドタバタラブコメだけど可愛いですよー♥
メンズランジェリープレイもあるし♥←未遂だけど
『このおれが〜』の御徒町と大成もほんのちょこっとだけど出てるし。

>表題より番外編

私もですよー!!
だってスゴいんだも////あのピンヒール椅子エロ////♥
オトナのエロスぱねぇ////♥

>ミハイルオブジョイトイ

このコマの破壊力////♥
下はピンヒールだけで大開脚、上はベストの三つ揃いスーツ姿に萌え////♥
髭カルロスはダブルのスーツなのがまたイイ♥

>ユーリがユーリ•プリセツキー

ですよね!!
私もユリオにしか見えんかった…
緒川さん、もうフィギュアスケートBL描いちゃえばいいと思う(笑)

>またオジサマ2人おセッセして欲しい

ですね!!
オジサマ続編希望!!
30年前付き合ってた頃からお願いします!!
で、駆け引きと愛に満ちたオジサマエロ再び!!
あの万年筆も使って欲しい!!
ミズタマ
2017/05/31 13:33
ミズタマ様>

ごくせんのヤンクミではなくて黒執事のセバスチャンみたいだなと思ってましたが、カイ王子のほっぺの(灬ºωº灬)ポッに早々に死にました0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_

>おいたが過ぎる

Kindleではまだないんですけどじゃあ他であるんですね…

>オトナのエロスぱねぇ////♥

いやまさかミハイル叔父さまがメインになる話あるとは思わなかったですからね!
ミハイル叔父さまはただのモブだと思ってたので番外編はもうもうもうもうもう(//д//)牛になるしかない
カルロスというエロ髭キャラが無駄にならなくてよかった♥

>30年前付き合ってた頃

いや、それじゃあオジサマじゃないのでまたカルロスがミハイルを陥れておセッセしてほしいです(笑)
そうやってカルロスはずっとミハイルを追いかけてまわしてほしい♥
いつかミハイルがカルロス一筋になるよう祈ってます♥♥♥
はー、オジサマラブラブ♥♥♥
ヲリ
2017/05/31 21:38

コメントする help

ニックネーム
本 文

趣味の棚

「赤のテアトル」/緒川千世 マンガにっぽん今も昔も(ホモ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる