マンガにっぽん今も昔も(ホモ)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「微炭酸恋愛」/日の出ハイム

<<   作成日時 : 2009/08/31 20:44   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

すれちがい片想い系

微炭酸恋愛 (GUSH COMICS)
海王社
日の出ハイム

ユーザレビュー:
淡く切ない二組のカッ ...
郊外の淡い恋日の出ハ ...
切ない片思い高校生同 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


2008.11.10発行

日の出ハイムさんの作品は初めてです
なんとも陽当たりのよさそうなコーポ名みたいですな、ペンネーム

表紙は良さそげだったんですが、開いてすぐ「ダメな絵かも」と不安に
でも、絵柄のストライクゾーンが広いアタクシはすぐにモウマンタイ
最後には寿にほんのりしてました

でもってタイトルが「微炭酸〜」なわりに、1話目で思いっきしアオカンやし、2話目は最初からエロシーンやし、3話目もまたマグわっとるしで、「いっちょん微炭酸じゃねぇ むしろペプシ並やん」と一人突っ込みを入れてたワタシ

が、

そっからは二日置き、三日置きの炭酸のように、エロさが抜けて、ソーダ水の〜炭酸み〜たい〜〜
と『ゾウさんのスキャンティ』ばりなキュンキュンストーリーに(「うしろ指さされ組」を知らない娘さん方スミマセン

2組のカップル、高校生のミチとタカ、ミチとタカの学校の先生・鮎とタカの兄さん・寿、この4人の想いが一話交互にのどかな田舎街を舞台にゆっくり進められていきます

ミチは鮎が好きで、フラれたミチを慰めるタカ。
体から始まったこの2人はだんだん想いあっていくんですが、なかなか言えないでいます
アタシとしては、もうやっちゃってんだし「好きって言っちゃえよぉぉ」と悶絶してました。ハイ
タカはね、最初からミチが好きなんだけど、ミチは最初鮎が好きだからさ
そこの気持ちの変化にタカが気付けないでいるのにヤキモキ
ミチの好きな鮎の髪型をマネしてみたり、「優勝したら言う」と願をかけたりタカはホントかわいい
無口なぶん余計に可愛さUP
最後はもうアタシがシュワシュワ微炭酸になってました(なんのこっちゃ

そしてもう一カップル、鮎(アユ)と寿(トシ)
元・同級生のこの2人
鮎は寿のコトがずっと好きで、そのせいで寿似の男と出会い系でやちゃうんだ
したら、その男に写真とか、身分証明とかメモられユスられ、ずっと体の関係を強いられるんです
でもそいつ実は寿と知り合いで、鮎の異変に気付いた寿はとっちめてくれるんだけど、鮎はその証拠の写真とか見られたと思い、どうしようかすんげぇ悩むの
だけど、寿は何も言わないで、てゆーより見てないから、ただいつもどおりに接してくれる優しい寿でした

アタシ的に、鮎とミチは超カワイイ系キャラなんで、読んでても「うん、かわいい」って思えるんです
タカも最初ボーズで子供っぽいんだけど、途中から髪を伸ばしはじめて「なんかカワイイ」と思っちゃうんですが
寿だけ、最初からヒゲの生えた黒髪ロンゲで、「なんだこりゃ」と思って仕方なかったんですが、鮎に頬染める寿とか、鮎に気遣う不器用な寿とか、なんですこの男
たまらーーーん
普通にタイプ

あの車でチュウするシーンはしたんですよねしたんですよね
「チュ・・・」
しか描いとらーーーん
口ですかホッペですか日の出さーん(縁起のいい名前だなぁ)

最高に萌えた

たったアレだけなのに
たったアレだけのシーンなのに
微炭酸とんでもないダイエットペプシばりに弾けた

エロシーンとかちゃんとあるけど、最終的にはほんとにトキメキ炭酸水バリにドキドキなお話だったと思います
特に寿はホントいい男だったぁ・・・


描き下ろしもまた笑えます




*日の出ハイム作品感想ログ*
【GUSH】
「ポケットで手をつないで」





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日の出ハイムさんは
銀魂の同人作家でもあります
ちょっと お馬鹿な桂受けを描いておりまして
かなりエロで笑わせてくれる作家さんです。

微炭酸〜では私も お兄ちゃん×先生ノ方に萌えましたよ〜。不器用な青年の恋でしたよね
車での「チュ…」はゼッッッッタイ 口です
触れる感じの…モエッッ
浅葱
2009/08/31 22:57
銀魂の同人作家>
そうなんですか
…桂さん受なのか…
桂好きなもんで…

車での「チュ…」はゼッッッッタイ口です>
やっぱ口ですか
そうですよね〜〜
あそこでホッペはないかぁ
ヲリ
2009/09/01 14:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

趣味の棚

「微炭酸恋愛」/日の出ハイム マンガにっぽん今も昔も(ホモ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる